So-net無料ブログ作成

自律神経失調症からもうすぐ2 [自分のこと]

しかしながら軽率に医者の文句を言うものではなりません。
いい医者ほど予約患者でいっぱいです。
一人の患者に有り余る時間はありません。
症状の程度をみながらある程度の治療で反応を知ることも大切な治療法かもしれません。

私は豊中千里中央にいた時有名な循環器医院に2年ほど前に行きました。
肺ガンの疑いから咳喘息の治療までお世話になりました。
すごく人気のある医院で予約をしていても一時間以上待たされることが多かったです。
待つのはつらいですが結局そこへ行きました。
さすがです。
どんなに忙しくとも手を抜きません。
普通のレントゲン、CT検査と24時間ホルター心電図検査までやってもらいました。
一週間後、恐怖の診断結果。
今後狭心症への注意は必要だが心臓自体は特に治療の必要は無し。

心臓としては、やっぱり「期外収縮」と「心臓神経症」という症状でした。
これも特に薬は無し。
結論的には自律神経失調症にあたるだろう、とのことです。
厳密には自律神経症の詳しい検査や治療は心療内科にあたるそうです。

それで一応私に合う精神安定剤と睡眠薬が処方されました。
前の薬のことを言うと、
「ある意味では飲んでもらって様子をみていただくしか薬の選択はない」とのことでした。
もちろん前の薬を持って行きました。
先生は、どちらも無難な薬で間違った選択ではない、とのことです。
それで別の薬を処方してもらいました。

リーゼ・・・安定剤。
ベンザリン・・・睡眠薬

睡眠薬は安定剤で効かなければ飲んでみてください、とのことでした。

りーぜ、私に合っていると思いました。
少しだるくなる程度です。
このおかげで大分楽になりました。

どんな薬にも副作用はあります。
そして人それぞれ。
たとえば「ロキソニン60mg」という鎮痛剤。
私には手放せません。
もちろん常時飲んではいけませんが歯痛、ぎっくり腰の激痛に効いて楽になりましたから。
あれこれ自分に合う薬に出会うようにがんばるしかないです。
そういう意味ではやたらと先生の悪口を言うものではない、と少し反省はしております。


しかしながら自律神経失調症とは?


続く~


笑った顔見て暮らしましょう♪
(ネットからお借りしました)


th04.jpg


一番いいのは

あなたが笑うこと!



nice!(28)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 28

コメント 2

はげちゃん

いいお医者さんに出会ってよかったですねえ。
たしかに、いいお医者さんのところは、すごく混んでますものね。

でも、そうやって待っていても、それだけのしっかりした診療をしてくださるのですものね。
よかったなあ。

たしかに、期外収縮は、一種の神経症ですよね。
はげちゃんの場合は、それを気にしないで、心臓さん、いつも頑張ってくれてありがとうね、と言いながら、スリスリしていたら、まったくなくなりましたものね。

睡眠薬は、いまもらっているのは、ルネスタといって、いわゆる睡眠導入剤で、効果はあまり長く続かないんですね。

でも、これを飲み忘れると、夜中の2時ごろまで寝られないんですねえ。

いずれにしても、病は気からというのはほんとうですね。
あまり気にしないことですね。

by はげちゃん (2019-08-26 14:48) 

HOLDON

>はげちゃん、
こんにちは。
普通の内科だけなら聴診器ぐらいで済むでしょうが循環器系は調べることが多いのでしょうね。
加えて診察履歴があるので以前の咳喘息のことまで調べてくれました。
血液のアレルギー反応が大分多いので大丈夫ですか、とこっちの方を心配してくれたぐらいです。

睡眠薬の選び方は睡眠導入か中途覚醒がによって使い分けているようですね。
私は中途覚醒のタイプらしいです。

確かに病気のことばかりに気を取られていては気持ちが滅入ります。
でもやっぱり自分の症状がどんな具合かちゃんと知っておくことで気持ちも安定しますよね。

やっぱりお医者さんは立派です(笑)
いつもありがとうございます。

by HOLDON (2019-08-26 17:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。